地球に優しい、人に優しい

それが、有機農業です。
⽣産効率や⾒た⽬の良さに重⼼を置く慣⾏農業では
農薬や化学肥料への過度な依存により、
⼟壌や地下⽔の汚染、⽣態系の破壊、
⼈間のアレルギーや健康被害などの問題も引き起こしました。
これに対し、有機農業では⼟そのものの⽣産⼒を発揮し、
農薬や化学肥料に頼らない⽣命⼒のある
農作物作りを⽬指しています。
安⼼・安全だけではなく、
農作物本来の栄養と美味しさを味わっていただけます。
しかし、⽇本の作付⾯積に占める有機農業の割合はわずか0.5%。
私たちにできること、、、
それは世界の“あたりまえ”を⽇本に取り⼊れること。
有機農業が⽇本でも“あたりまえ”だと認知される⽇まで、
誰でも⼿軽に有機農作物を⼝にできる⽇まで、
私たちは私たちの⽴場から努⼒し続けます。

量から質へ
画⼀性から多様性へ
使い捨てから持続性へ
⼤量⽣産から価値観重視へ
時代は変わりつつあります